債務整理後の借入

債務整理後の借入は可能?

近年は、借金の返済に困って、債務整理を行う方が増えているようです。
債務整理をすると、お金を借りる事は出来るのでしょうか。


そもそも債務整理は、言葉は聞いた事はありますが、内容までは知らない方が多い様なので説明をすると、クレジットカードや住宅ローンやマイカーローン、教育ローンや消費者金融など団体や会社から借りているお金を見直す事で、生活安定を図る方法です。

債務整理の種類と手続きの最中に、お金を借りれるかの有無

★任意整理
債務整理の中で、1番行うことが多い方法で、債務者と債権者の話し合いにより解決を図る方法です。
裁判所に申し立てをするわけでも、なく話し合いなので、任意整理をしない会社や団体からはお金が借りれる可能性があります。 しかし、ケースにより、ブラックリストに載る事もあるようなので、その場合は5年ないし10年はお金を借りる事が不可能となります。


★個人再生
住宅や土地や車などの資産を残しつつ債務整理をする方法です。
個人再生は、裁判所に申し立てをし、ブラックリストや官報に掲載されますから、確実にお金を借りる事は困難となります。 しかし、ブラックリストに掲載されても、5年ないし10年の歳月でブラックリストから外れますから、期間を待って借りる事をオススメします。


★自己破産
資産より債務が多額で、生活困窮している場合に取る方法で、裁判所に申し立てをし、官報とブラックリストに掲載されます。 個人再生同様、ブラックリストに掲載されますから、5年ないし10年はお金を借りる事は困難となります。

どうしてもお金を借りたい場合は?

債務整理は、時間と手間がかかりますから、行政書士や司法書士や弁護士に依頼する事が殆どです。
しかし、債務整理中に、お金を借りたい場合は依頼主に相談するのが1番良いと思います。


何故なら、新たな債務が生まれる可能性もあるからです。
また、お金を借りれなくても、ある程度の資産を残しつつ、債務整理をする事も可能ですから、専門家に相談しつつ行う事が必要だと思います。

↑ PAGE TOP